ゴミ屋敷クラスの姉が急死して、処分が大変でした。

片付けが全くできない姉が急死して、部屋にはゴミ屋敷クラスの荷物が散乱していました。夏場だったので、においも気になる頃だったので、どうしようかと思いました。特に、大きな家具、例えば、ベッド、本棚、パソコン本体、自動車、原付などどこに処分していいかが分からずに苦戦しました。洋服類や本、CD、DVDも大量に散乱していました。

 

葬式を葬祭会館で挙げたので、スタッフの方に相談したところ親切に対応していただきました。大きな家具はお焚き上げや買取業者に引き取りに来ていただきました。本、CD、DVDはブックオフに売りました。その他の紙類など燃えるごみは市のごみ処理場に直接持ち込んで処分しました。100キロ1000円でした。パソコンも処分業者に渡し、自動車、原付も売りました。6畳の部屋なのに、段ボール箱100箱、キングサイズのごみ袋100袋以上使用しました。

 

断捨離など早めの対応が必要です。あと、知人の話では、近年、通帳を使用しない銀行口座が多いので、万が一借金などが残っていると大変とのことでした。一人で抱え込まず、遺品整理の専門家(遺品整理士)に任せた方がいいと思いました。