急に亡くなった妹の遺品整理で感じたこと。

妹が急死した時のことです。まず、整理好きな妹だったので、色々こまごましたものがたくさん整理されているのですが、私たち遺族は何がどこにあるのか全くわからず、大事なものも全然わからなくて、たんすや引き出しを引っぱり出して、あまりの物の多さにびっくりしました。

まだ、若かったので、断捨離するということもなかったので、当然なのですが、とにかく物が多くてどれから手を付けていいのかわからなかったです。

とにかくいるものいらないもの、使えるもの使えないものと区別するのが大変で、毎日母が整理していました。

とりあえずのめどがたったころ、妹の職場の方がお参りにきてくださったときに、いるものをもらっていただいたり、私がもらったりしました。

それでも結構色々な物があったので、結局、遺品を持って行ってくれる業者がわからなかったので、お葬式をした所で遺品整理の業者を紹介してもらい、そちらで遺品の処分をお願いしました。

急に亡くなったときでも感じたことは人間はそんなに多くの物は必要ないということです。

最低限の物があれば後は欲しい時にお店に買いにいけばいいので、それ以降、私もあまり物を増やすことをやめるように気を付けています。