迷う粗大ゴミ、遺品は、深く迷わず考えず。

布団の粗大ゴミに悩みました。以前布団を切って細かくして、普段の燃えるゴミの日に捨ててる人や近所の人もきって捨てれば大丈夫よ、と言っていたので。
困った事はお婆ちゃんの着物や、兄弟、家族の大量の写真や、そんなに高くない指輪やアクセサリーです。
写真は、まだ健在のお婆ちゃんの兄弟が二人居たので、ほしいだけもらってもらいましたがそれでも余りました。

布団の粗大ゴミはかけ布団は、切ってゴミ袋に入れ燃えるごみの日に捨てちゃいました。引き布団はちゃんと粗大ゴミシールを張り付け捨てました。
着物は私や兄弟、お父さんが好きな柄は、リメイクしようと思い取っといて、高そうなものはリサイクルショップに買い取ってもらいました。
アクセサリー類も同様、自分達が好きなものはいただいて、他は買い取って貰うようにしました。
写真は出来るだけ兄弟に貰ってもらいましたが、余ったのは捨てることはできないので、取ってあります。

粗大ゴミのお悩みは、市や御近所に相談するといいアドバイスがもらえますよ。遺品整理や不要品処分については、そんなに深く迷わずに。