祖父母の遺品を片付けたらものすごく大変でした!

祖父母が亡くなった後、遺品の片付けを手伝った時のことです。戦前生まれの祖父母はなかなか物が捨てられない性格だったせいで、屋内の納戸、そして屋外の物置ともに物であふれかえっていました。

なぜか中身の入っていない箱がたくさん出てきました。タンスからは未使用の衣類やタオルが大量に出てきました。どれも黄ばんでしまって、カビ臭さもありもう使い物にならないくらいです。そして大量に出てきたのはそうめん!お中元などに頂いたものなのでしょう。少し虫もわいていました。2人暮らしには食べきれなくてしまったまま忘れてしまったようです。どうせなら遊びに行った時にでも持たせてくれれば無駄にしなくて済んだのに、もったいないことです。

結局数カ月かけて親戚で片付け、神奈川県内の遺品整理専門業者に来てもらいほとんどの物を廃棄しました。亡くなってからの片付けは本当に大変です。私の両親には元気なうちに少しずつ物の量を減らす生活にしてもらうようお願いしています。