粗大ごみの片付けは専門業者に依頼すべき!

皆さんは溜まってしまった粗大ごみをどうしているでしょうか?家電リサイクル法が制定されてから日本では有料でしか廃棄できないものも出てきました。例えばテレビや冷蔵庫などです。もちろんこれらは新しいものを買うときに下取りなどと呈してひきとってもらうことも可能ですが、新しい家電を買う時もついつい忘れてしまいがちです。とはいえ、家電リサイクル料なんて払っていられるか精神の私は、試行錯誤して無料で処分する二つの方法を考えました。ひとつは、リサイクルショップにひきとってもらう方法です。冷蔵庫やテレビであっても10年以内に発売されたものであればリサイクルショップは引き取ってくれます。しかも、ほんのわずかでもお金になります。粗大ごみの片づけによって電子レンジとテレビと冷蔵庫を処分しましたが、4000円になりました。しかし、10年以上経っているものに関しては自分で処分するほかありません。そこでもうひとつの方法ですが、不要品を資源回収業者に処分してもらうという方法です。資源回収業者は古いものでも溶かして資源にしてお金に換えているので無料でひきとってくれます。自転車やパソコンなども回収対象になります。扇風機なんかもそうですね。皆さんも気が向いたら依頼してみてはいかがでしょうか?