ゴミ屋敷で育った私・・・

私の母は片付けの苦手な人で、家は常に物で溢れた状態でした。
ゴミ箱はどこに埋まっているかわからず、家族が脱いだコートはそのへんに積み上がり、テーブルの上は郵便物や食べ終わったお皿や調味料などが山積みで、ゴミ屋敷と言っても差し支えないような状態だったので友達を家に招いた事は一度もありません。

大学に進学し一人暮らしになってからは絶対にゴミ屋敷にはしないように気をつけていました。ゴミはゴミ箱へ、着ない服は洗濯機へ、溜まったゴミは捨てる、必要のないものを買わない・・・などの基本的なことですが。

ただ、今となっても服の片付けだけはどうしてもできません。服は決まった場所に積んであり、上着はなんとか外套掛けにどっさり掛けてあります。掃除機をかけるのもものぐさで、机の上はよく使う物で散らかっています。 実家よりはずっとましですが、そんな自分に自己嫌悪しています。直そうとしてもどうにもならないのは、やはりカエルの子はカエルという事なのでしょうか・・・。

PR|不用品の回収・片づけはプロに任せる|